本文へスキップ

費用を比較して下さい 交通事故 神戸 弁護士 栄町法律事務所

骨折について 栄町法律事務所ilities

 交通事故にあって骨折した場合,骨折した骨が変形したまま治癒したとき,骨折線が関節面に至っており疼痛が残存しているようなとき,関節可動域が制限されているときなどに後遺障害として認定される可能性があります。

 ところで,例えば,脊柱の椎体圧迫骨折の治療の際にレントゲン写真しか撮影しなかった場合に保険会社がその骨折は交通事故によって生じたものではないとして争ってくることがあります。
 開放骨折など大きな骨折で事故によって生じたことが明白である場合はともかく,脊柱の椎体圧迫骨折などの場合は,事故直後にMRI画像を撮影することが事故によって骨折が生じたことの重要な証拠となりうるといえますが,そのような証拠がない場合には,交通事故で骨折が生じたことの立証は困難を極め,骨折のメカニズムについて理解した弁護士でないと十分な対応は不可能です。

 また,例えば,関節内骨折によって神経症状が残存した際にどのような後遺障害等級が認定されるかは,骨折線が関節内に至っているか,関節面に不整が残存しているかによって決まりますが,画像を解析できる画像システムやそれを読影できる能力がなければ,効果のある対応は不可能です。

 当事務所では,それらが争点となった訴訟や後遺障害認定において,医学知識や医療機材を用いて立証に成功しており,また,骨折による後遺障害がもたらす将来の収入減少(逸失利益)の問題についても,その知識を生かして成果を出しています。

 当事務所には,普通の法律事務所には存在しない医療機材である骨格モデルや,(Array社担当者によると)法律事務所としては全国でも当事務所しか導入していない自賠責保険調査事務所と同じ医療画像システムArray AOC,画像処理能力の高い理工系研究所レベルのワークステーション(ヒューレットパッカード製)を備えておりますが,これはまさに裁判や後遺障害認定において骨折が交通事故によって生じたのかどうがが争われる場合及び骨折がどのようにその後の就労に影響を与えるかを立証する場合に使用するものです。さらに当事務所には,自賠責保険において後遺障害認定を担当していた職員のOBが所属しており自賠責保険の後遺障害認定に関して万全の知識を有しています。

 
このような設備・人員がなければ当事務所と同じ立証活動をすることは不可能です。同じように交通事故を扱う弁護士の事務所でも,行っている弁護活動は事務所によって全く違うのです。

 なお,交通外傷で骨折した場合に外科手術が行われることがあり、その際には、細菌感染による骨髄炎が発生しないように最善の管理が行われるはずですが、様々な原因で骨に細菌が感染し創部から膿が排出される事態もあるようです。病院によって水準が異なるようです。そのような場合には、より複雑な問題が発生することになりますが、そういったケースのノウハウの蓄積もあります。

 交通事故で骨折をされた方は是非ご相談いただきたいと思います。

 当事務所では,事件を始める際の着手金は不要(0円)で,事件が終了したときの報酬は,保険会社の示談金額提示前の受任の場合は,最終的に支払いを受けた額の10パーセントと消費税のみ,保険会社の示談金額提示後の受任の場合は,示談提示金額から増加した額の20パーセントと消費税のみであり,完全に事件の成果にしたがって発生しますので(完全成功報酬制)安心して依頼できます。
 

【他の事務所の弁護士先生向け】
 当事務所の元自賠責後遺障害認定担当者の視点でのアドバイスにより,他の事務所の弁護士先生を支援する後遺障害等級認定異議申立協力サービスも行っております。
詳細



所在地 兵庫県神戸市中央区元町通6−1−1(電話 078-367-3611
栄町法律事務所

 弁護士 中 島 賢 二 郎
 兵庫県弁護士会所属・日弁連交通事故相談センター兵庫県支部あっ旋委員・日本交通法学会会員・(元)近畿弁護士会連合会交通事故委員
 弁護士 安 東  直 哉
 兵庫県弁護士会所属・日本交通法学会会員
 弁護士 吉  田  皓
 兵庫県弁護士会所属・日本交通法学会会員


後遺障害認定例

併合12級股関節脱臼骨折後の股関節痛(12級13号)膝前十字靭帯,後十字靭帯,内側側副靭帯,内側半月板,外側半月板損傷後の膝痛(14級9号)神戸自賠2022/6/8弁護士Y

併合14級 外傷性頚部症候群(14級9号),環指中節骨骨折後の屈曲時痛(14級9号) 神戸自賠 2022/1/24 弁護士N

11級7号腰椎圧迫骨折による変形障害(11級7号)神戸自賠2022/6/2 弁護士N

併合12級  肩甲烏口突起骨折,肩関節脱臼後の鎖骨変形障害(12級5号)腓骨骨折後の膝痛(14級9号) 神戸自賠 2021/6/10 弁護士Y

14級9号  脛骨骨折後の足部の安静時痛(14級9号) 神戸自賠 2021/6/14 弁護士N
併合14級 大菱骨骨折後の手の疼痛(14級9号)腰痛(14級9号) 神戸自賠 2021/3/24 弁護士Y

14級9号 腓骨骨折,足関節外果骨折後の関節痛(14級9号) 神戸自賠 2021/3/15 弁護士N

12級6号 上腕骨近位端骨折に伴う肩関節機能障害(12級6号) 大阪自賠 2021/3/30 弁護士A

併合9級 腕神経叢損傷,肩関節可動域制限(1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの。10級10号),腰椎椎体骨折(脊柱に変形を残すもの,11級7号) 神戸自賠 2021/10/27 弁護士N

11級7号 胸椎圧迫骨折(脊柱に変形を残すもの。11級7号) 大阪自賠(和歌山県) 2021/12/16 弁護士N

異議申し立て 等級変更成功(骨折) 併合14級→併合12級「橈骨遠位端骨折(局部に頑固な神経症状を残すもの),手関節痛(局部に神経症状を残すもの)」 神戸自賠 2021/8/19 弁護士Y

異議申し立て 等級変更成功(骨折) 非該当→12級13号「肩甲骨骨折,腋窩神経麻痺」 神戸自賠 2021/7/27 弁護士A

等級変更成功(骨折) 14級9号→併合12級「局部に頑固な神経症状を残すもの(腱板断裂),局部に神経症状を残すもの(舟状骨骨折後の痛み)」 神戸自賠 2021/2/1 弁護士N

10級11号大腿骨頭部骨折後の股関節機能障害(10級11号)神戸自賠2021/10/18 弁護士N

併合14級肩の痛み(14級9号)舟状骨骨折後の手〜手関節の痛み(14級9号)神戸自賠(兵庫県)2020/10/29 弁護士N

併合14級小指中手骨骨折後の第5指欠損障害(14級6号)リスフラン関節脱臼骨折,MTP関節脱臼に伴う足部神経症状(14級9号)神戸自賠 2020/12/25弁護士A

13級相当  脛骨開放骨折後の過成長による下肢長差(13級相当) 神戸自賠 2020/1/14 弁護士Y

異議申し立て 等級変更成功(骨折) 非該当→14級9号「局部に神経症状を残すもの(第2第3中足骨基部骨折癒合後)」 神戸自賠 2020/12/7 弁護士A

異議申し立て 等級変更成功(骨折) 非該当→併合10級「1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの(脛骨骨折後の膝関節の機能障害)」、「1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの(脛骨骨折後の足関節の機能障害)」、「1下肢を1センチメートル以上短縮したもの(下肢短縮障害)」、「下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの(脛骨骨折後の瘢痕)」 神戸自賠 2020/9/9 弁護士Y 一次診で交通事故による骨折の治療中に院内感染により骨髄炎が発生したが、当該病院が発行した後遺障害診断書には院内感染の骨髄炎に由来する障害はまったく記載されていなかっため非該当の認定となった。当事務所が受任後、医療関係記録を調査して上記の事情を把握し、院内感染を起こした病院の協力を得られないものと判断し、二次診の病院に実態を反映した後遺障害診断書作成を依頼して上記認定を受けた。

異議申し立て 等級変更成功(骨折) 14級9号→12級8号「長管骨に変形を残すもの(橈骨遠位端骨折)」 神戸自賠 2020/9/7 弁護士N 橈骨遠位端は通常は長管骨の変形として認められないが、本件はあまりにも状態が悪かったことから認定されたものと考えられる。

異議申し立て 等級変更成功(骨折) 12級6号→併合11級「鎖骨に著しい変形を残すもの(鎖骨遠位端骨折、肩甲骨烏口突起骨折後の鎖骨変形障害)」、「1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの(肩関節機能障害)」 神戸自賠 2020/8/28 弁護士A 肩関節機能障害の原因となる程度の骨折かどうかの評価が争点となった。

異議申し立て 等級変更成功(自賠責保険・共済紛争処理機構における調停)(骨折) 14級9号→12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」神戸自賠 2020/1/20 弁護士A 当初,非該当であったが,骨折の状態,症状経過,治療経過から自賠責保険の異議申立で14級9号が認められ,さらに自賠責保険・共済紛争処理機構に異議申立を行った結果,関節面の不整が認められ12級13号が認定された。

8級相当胸椎圧迫骨折後の脊柱の変形障害(8級相当)神戸自賠2020/3/12 弁護士Y

併合14級中足骨骨折後の足先の痛み,違和感(14級9号)肩の内部痛(14級9号)神戸自賠2020/5/1 弁護士A

12級6号橈骨尺骨遠位端骨折後の手関節機能障害(12級6号)神戸自賠2020/7/9 弁護士Y

併合11級外傷性くも膜下出血,前頭葉脳挫傷の残存(12級13号)足舟状骨骨折後の不正癒合による正座時の痛み(12級13号)神戸自賠2019/1/22 弁護士A

10級11号寛骨・股関節脱臼骨折に伴う股関節機能障害(10級11号)大阪自賠(和歌山)2019/5/23 弁護士N

12級6号橈骨遠位端骨折後の手関節の機能障害(12級6号)神戸自賠 2018/11/21 弁護士A

12級6号橈骨遠位端骨折,尺骨茎状突起骨折後の手関節機能障害(12級6号) 神戸自賠 2017/5/2 弁護士N

併合7級  上腕骨近位端骨折後の偽関節(8級8号)上腕骨近位端骨折後の機能障害(10級10号) 神戸自賠 2017/3/17 弁護士A

14級9号  上腕骨骨幹部骨折後の痛み(14級9号)神戸自賠 2017/8/31 弁護士N

大腿骨転子下骨折後の大腿部の疼痛(14級9号)神戸自賠2017/2/22 弁護士N

14級9号鎖骨遠位端骨折後の疼痛(14級9号)神戸自賠 2017/8/29弁護士A

併合11級鎖骨骨折後の不整癒合による疼痛(12級13号)脛骨腓骨遠位端骨折後の足関節痛,足関節内側のしびれ感(12級13号) 神戸自賠 2017/5/3 弁護士N

10級11号足関節脱臼骨折後の足関節機能障害(10級11号)大阪自賠2017/5/23 弁護士N

12級6号手舟状骨骨折後の手関節機能障害(14級9号)神戸自賠2017/2/7 弁護士A

併合11級脛骨骨折後の内反変形,腓骨骨折に伴う短縮(13級8号)下腿瘢痕(12級相当) 神戸自賠 2016/3/4 弁護士N

14級9号腓骨骨頭骨折後の膝の痛み(14級9号)神戸自賠2016/12/9 弁護士N コメント 腓骨頭の骨折は転移もなくMRIにてようやく確認できる程度であり膝の痛みの原因とは考えにくい。しかし主治医が腰部MRIを撮影しており椎間板ヘルニアがL4神経根を圧迫しているので被害者の膝の痛みの訴えとは合致する。したがって本件事故によって被害者に膝の痛みが残存することは医学的に説明可能といえる。文章には現れない主治医の画像撮影意図を代理人弁護士が読み取れるかどうかが解決の鍵である。

14級9号距骨・踵骨・立方骨・第3中足骨の骨挫傷,足舟状骨剥離骨折(骨癒合)に基づく足の痛み(14級9号) 神戸自賠 2015/5/25 弁護士Y

14級9号鎖骨遠位端骨折後の肩痛(14級9号)神戸自賠 2015/5/13 弁護士Y
併合11級 脊柱変形(11級7号)頚椎突起骨折後の回旋時痛(14級9号) 岐阜自賠 2015/7/8 弁護士N

異議申し立て 等級変更成功(骨折) 非該当→14級9号大腿部骨幹部骨折後の膝外側のしびれ,痛み神戸自賠 2016/7/15 弁護士A コメント 大腿骨骨幹部骨折自体からは解剖学的に神経損傷は生じないが,手術時に膝側から髄内釘を挿入した際に総腓骨神経を損傷したものと考えられる。治療のためにやむを得ないダメージであるが主治医は自らの手落ちととられることを恐れて説明しない場合が多い。医療実務に通じた弁護士が代理人でないと対応困難な事例。

12級7号足関節両顆骨折の伴う足関節機能障害(12級7号)神戸自賠 2014/4/21 弁護士N

11級7号第1腰椎圧迫骨折による変形障害(11級7号)自賠等級サポートS(人傷) 2014/5/10 弁護士N

10級11号下腿開放骨折による関節機能障害(10級11号)自賠等級サポートS(人傷)2014/3/14 弁護士N

12級7号大腿骨転子部骨折に伴う股関節機能障害(12級7号)神戸自賠 2014/4/21弁護士N

12級13号  脛骨骨顆間隆起骨折後の不整癒合(12級13号) 神戸自賠 2014/3/14 弁護士N

併合10級母指中手骨骨折(10級7号)鎖骨遠位端骨折後の肩痛(14級9号) 神戸自賠 2013/9/20 弁護士A

併合12級  鎖骨骨折後の変形障害(12級5号)足舟状骨骨折後の足部痛(14級9号) 神戸自賠 2013/9/27 弁護士A

併合11級  胸椎圧迫骨折(11級7号)頚椎捻挫後の頚部肩甲部痛(14級9号) 神戸自賠 2013/6/3 弁護士A

8級相当胸椎・腰椎圧迫骨折後の変形障害(8級相当)神戸自賠 2012/11/14 弁護士A

併合11級頭部外傷による脳挫傷痕残存(12級13号)嗅覚障害(12級相当)第3中足骨骨折後の痛み,しびれ(14級9号) 神戸自賠 2012/1/12 弁護士N

12級6号舟状骨骨折に伴う手関節機能障害(12級6号)神戸自賠2012/8/21 弁護士N

併合11級鎖骨関節脱臼後の鎖骨の変形障害(12級5号)鎖骨関節脱臼後の肩関節機能障害(12級6号)大腿骨骨幹部骨折後の大腿部のうずき(14級9号)神戸自賠2012/6/5 弁護士N

12級6号橈骨遠位端骨折に伴う手関節機能障害(12級6号)神戸自賠 2011/6/21弁護士N

12級7号  足関節後果骨折後の足関節機能障害(12級7号) 神戸自賠 2011/4/20 弁護士N

14級9号  上腕骨大結節部骨折に伴う安静時痛(14級9号) 神戸自賠 2011/8/3 弁護士N

併合8級  小指中手骨骨折後の機能障害1/2以下(13級6号)脛骨高原骨折後の膝歩行時痛(12級13号)橈尺骨遠位端骨折後の変形(12級8号)前額部線条痕(9級16号) 神戸自賠 2011/10/26 弁護士Y

併合12級下腿開放骨折後の足関節機能障害(12級7号)下肢醜状障害(14級5号)神戸自賠2011/6/16 弁護士Y

12級6号上腕骨近位端骨折に伴う肩関節機能障害(12級6号)神戸自賠2010/10/5 弁護士N

14級9号大腿骨頚部骨折(骨頭直下で関節面に至らず)による股痛(14級9号)神戸自賠 2010/2/12 弁護士N

14級9号大腿骨頚部内側骨折後の股関節痛(14級9号)神戸自賠 2010/3/26 弁護士N

12級6号肩鎖関節脱臼・肩甲骨骨折に伴う肩関節機能障害(12級6号)神戸自賠 2009/8/24弁護士N

10級10号舟状骨骨折に伴う手関節機能障害(10級10号)大阪自賠 2009/6/30弁護士N